カラオケが苦手な人でも克服できる方法をご紹介します

「カラオケって、なんだか苦手だな…」と感じている人も少なくありません。
その理由は、歌が得意ではなく人前で歌いたくないと思っている人や、カラオケで感じる特有の雰囲気が苦手だと感じる人も多いようです。
カラオケは本来、上手な歌を披露する場ではなくわいわい楽しむ場ですので、苦手に感じる必要は無いのです。
カラオケが苦手と感じないために出来ることなどをご紹介しますので是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

みんなを驚かせよう!カラオケを上手く歌うコツをご紹介

もともとカラオケが苦手な人は、カラオケのお誘いが来てもあまり気分が乗らないというひとも少なくありませ...

途切れず声を繋げたい!ロングトーンの練習方法をご紹介

歌を歌っていると「最後の伸ばすところがいつも伸びきらないんだよな…」と悩むことがあると思います。...

カラオケマイクは持ち方が重要!構造と上手な持ち方をご紹介

友達や職場の人とカラオケに行く機会が増えてくると、曲のレパートリーを増やすためにひとりカラオケに通っ...

歌唱力をアップさせるボイストレーニングの方法をご紹介

歌唱力をアップさせたいけれど、時間やお金に余裕がなくボイストレーニングなどに通うのは現実的ではない、...

女子ウケの良いカラオケでの行動や気遣いをご紹介

男子だけでなく女子も来るカラオケとなると、緊張しちゃいますよね。その中に好意を抱いている女子...

カラオケで録音する方法と注意点をご紹介します

歌を練習している人は、簡単にカラオケで歌った歌を録音できたら良いなと思う人も多いのではないでしょうか...

カラオケへ行く前に発声練習!簡単な喉の準備運動をご紹介

カラオケに行く前に発声練習などで喉の準備をしていないと、声帯や喉がびっくりしてしまって声がかすれてし...

良い声で歌うにはトレーニングが必要!肺活量の増やし方をご紹介

歌を歌うときに息が続かないせいで、変なところでブレスをしてしまう事はありませんか?そのようなこと...

急な誘いでもまだ間に合う!歌が上手く聞こえる裏ワザをご紹介

お友達に急にカラオケに誘われたときに「久しぶりだからあまり乗り気じゃないな」と感じることってあります...

上手い歌い方を身に付け、カラオケで一目置かれる存在になろう

カラオケに行くと、普通に歌っているだけのように見えるのに「歌が上手いなぁ」と感じる人って居ますよね。...

ロングトーンを上達させてカラオケの採点を攻略しましょう

カラオケの採点機能をよく利用する人は、なかなか採点が伸びないと悩んでいる人もいるでしょう。その中...

カラオケが上手く聞こえる!テクニックや裏技をご紹介します

普段はそんな素振りを見せないのにカラオケに行くと歌が上手い人っていますよね。そのようなギャップに...

カラオケで喉を痛めてしまったときの回復方法と予防策をご紹介

カラオケへ行った翌日に「なんだか喉の調子がおかしいな」と感じたこと、ありますよね。カラオケは歌練...

裏声は鍛え方がわかれば誰でもできる!コツをご紹介

カラオケに行って、好きなアーティストの歌を歌おうと思っても、なかなかサビの高音が出ないという経験があ...

カラオケで高い音をスッと出すコツをご紹介します

カラオケで高い音が出せたらかっこいいですよね。高いと感じる音は人それぞれですが、自分の喉が高いと...

スポンサーリンク

カラオケが苦手なのは、歌が得意ではないから

カラオケが苦手な人は、歌が得意ではないと思っているからなのではないでしょうか?

「カラオケ=歌を披露するところ」と思っているかも知れませんが、人数が多くなれば多くなるほど、歌の上手さは重要でなくなってくるのも現実です。

ですが、今は動画などを簡単に撮れる時代ですので、うっかり誰かが撮影していたタイミングが自分の歌のときだった、ということも珍しくありません。

そう考えると、ぞっとしますし、そのときは重要でなかった歌も帰宅後やさらにその後、に重要となってきますよね。

それはやはり歌が得意ではないから、人前で歌いたくないからという精神面で苦痛に感じてしまうことが耐えられず苦手と感じてしまうのです。

ただ、カラオケで目立つ人は「極端に上手い人」か「極端に下手な人」であることが多く、そこそこ音程が合っていれば特に注目されることも無くその時間が過ぎ去っていくので、あまり気にし過ぎないということもひとつの手段です。

カラオケ特有の雰囲気が好きになれないから苦手と感じる人も

複数人でカラオケに行くと、そのメンバー内での暗黙のルールや、カラオケだからこそ感じてしまう独特な雰囲気に耐えられないという人も少なくありません。

例えば、同じアーティストをかぶせて歌ってはいけないなどの重圧や、盛り上がったような空気を出さないといけないというプレッシャー、さらには、スマホを触っているとつまらないと思っているという謎の勘違いなど、気にかけなくてはいけないことがずっとあります。

正直、結構つらいです。
ですが、そのような細かいことを理由にしてカラオケが苦手だというのも、違うかなと思ってしまう、それもまた、暗黙のルールなのです。

もし、どうしても苦手なカラオケに参加しなくてはならないときは、窮屈に感じるかもしれませんができるだけ周りの人に合わせるようにしましょう。

歌を必ず歌わなければいけない状況に陥ってしまったときは、メンバーの中で誘いやすい人にお願いをして、一緒に歌ってもらうと良いですよ。

苦手で行きたくないときには、しっかりと理由を話しお断りしましょう

カラオケがどうしても苦手で、行きたくないと思うのであれば、しっかりと理由を話した上でお断りしましょう。

お誘いを断ることは大変心苦しいことではありますが、高いところが苦手な人にわざわざ歩道橋を渡らせる必要は無いですよね。

あなたを誘って断られた相手は、理由をまずは聞き出すことはせずに「このメンバーに苦手な人がいたのかな?」「今日は外せない用事があったのかな?」などと誘った側で何かしらの結論に至っていることでしょう。

「カラオケが苦手だから」という核心に近づくまでには、お誘いを断り続ける必要があります

その間に、相手に嫌な思いをさせ続けてしまうのは大変失礼に当たるので、早いうちからしっかりと「カラオケは苦手です」と理由を伝えたうえでお断りするようにしましょう。

そこで注意したいのが、お断りする場合はきっちり自分の中で思いを貫くようにすることです。

「カラオケが苦手」という理由でお断りしているのに、一人カラオケが趣味だと公言してしまったり、メンバーによっては行っても良いかなという気持ちを持っていたりすると、トラブルの原因になりかねません。

よって、お断りしたら最後までその理由を貫き通すか、もしくは一度いってみて楽しかったと思うのであればどのお誘いを断る場合でも「カラオケが苦手」と伝えずにその場で断る理由をきちんと伝えるようにしましょう。

一人でカラオケに通って、自信をつけるのもおすすめです

もし、歌に自信が無くてカラオケが苦手だと感じてしまっている場合は、一人でカラオケに通って練習をしてみるのも良いかもしれません。

カラオケは歌が上手な人の歌を聴きに行く場所ではないのですが、やはり自信を持って気持ちよく歌を歌えるほうが楽しめる、というのも現実です。

複数人で行ったカラオケで恥ずかしい失敗をしてしまっても、笑いに変えてもらえるキャラクターや個性のあるポジションの人なら良いのですが、比較的内気な人は一度失敗してしまうともう立ち直れなくなってしまう人も多いので、一人で気兼ねなく失敗できるカラオケでたくさん練習をして「この曲なら歌える!」という曲をいくつか持って置くようにすると、カラオケに対する苦手意識が克服できますよ。

苦手なカラオケを克服して、楽しみたいと思うなら

カラオケが苦手だという気持ちを強く持っていては、損してしまうこともあるかもしれません。

現に苦手であるカラオケを克服したいと思っている人は「カラオケに行ったほうがいい何か」または「行けばよかった何か」の理由があるのでしょう。

カラオケは、一緒に行った相手の違う一面を知ることができる場であり、自分の知らない一面を周りが知ってくれる場でもあります。

何かのきっかけひとつで閉じこもっていた殻が破れるのであれば、ぜひ怖がらずにチャレンジしていって欲しいなと思います。