高い声をカラオケで出せるようになる方法をご紹介します

カラオケで歌っている時に高い声を意識して出しているつもりだけれど、調子よく出たり、出なかったりと不安定になってしまうこと、ありますよね。
喉は普段目に見えないですが、声を出すために毎日たくさん働いてくれています。
その喉や声帯のことをもっと良く知り、その上で発声練習をすることで、イメージした高い声を安定して出せるようになりますので、是非実践してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

みんなを驚かせよう!カラオケを上手く歌うコツをご紹介

もともとカラオケが苦手な人は、カラオケのお誘いが来てもあまり気分が乗らないというひとも少なくありませ...

久しぶりに行ったカラオケで声が出ない!事前準備と気持ちの準備

久しぶりに集まった友達と、何年かぶりにカラオケに行くと「こんなに歌が下手だったっけ?」と自分に失望し...

カラオケでいい声を出せるとモテる!いい声の特徴と作り方

カラオケは友達同士でも、いつもと違った相手の一面が見れる場なので、恋が芽生えることも珍しくはありませ...

歌がもっと好きになる!歌が上手くなる歌い方をご紹介します

歌を練習していると、やるだけやったはずなのにどうしてもここから上達しないなと悩んでしまうことってあり...

急な誘いでもまだ間に合う!歌が上手く聞こえる裏ワザをご紹介

お友達に急にカラオケに誘われたときに「久しぶりだからあまり乗り気じゃないな」と感じることってあります...

カラオケで高音を出す方法!男だからとあきらめないで

カラオケに行くと、どうしてもこの歌のサビが歌えないんだよなあ…と感じること、ありますよね。サビま...

女子ウケの良いカラオケでの行動や気遣いをご紹介

男子だけでなく女子も来るカラオケとなると、緊張しちゃいますよね。その中に好意を抱いている女子...

難しいトレーニングは要らない!歌がうまくなる方法をご紹介

日常で歌を披露する機会はなかなかないと思いますが、カラオケに行ったときに、歌がうまい人ってかっこいい...

カラオケで録音する方法と注意点をご紹介します

歌を練習している人は、簡単にカラオケで歌った歌を録音できたら良いなと思う人も多いのではないでしょうか...

カラオケが上達するコツはこれ!うまくなる方法をご紹介

カラオケに行く理由は人によって様々ですが、最近は楽しむだけではなく歌が上達するために一人で通っている...

カラオケで喉を痛めてしまわないように鍛える方法をご紹介します

カラオケで歌を歌っていると、だんだんと声がかすれてきたり、喉が痛くなってしまうこと、ありますよね。...

ロングトーンを上達させてカラオケの採点を攻略しましょう

カラオケの採点機能をよく利用する人は、なかなか採点が伸びないと悩んでいる人もいるでしょう。その中...

肺活量を鍛えるペットボトルを使ったトレーニング方法をご紹介

肺活量を増やしたいと考えている人の中には、会話での声量を増やしたい人、歌がもっと上手に歌えるようにな...

地声と裏声を操って高音をきれいに出すための方法をご紹介します

歌を歌っていると、歌の盛り上がる部分での高音がかすれてしまったり、上手に出せなかったりして残念だなと...

カラオケが苦手な人でも克服できる方法をご紹介します

「カラオケって、なんだか苦手だな…」と感じている人も少なくありません。その理由は、歌が得意ではな...

スポンサーリンク

息の使い方と声帯の微調整の賜物!高い声が出る仕組み

高い声をしっかりイメージして出しているはずなのに、毎回不安定になってしまうこと、よくあると思います。悲しいのは、自分ひとりでカラオケに行っているときは調子よく高い声が出ているのに、友達と行くとなぜかかすれてしまうこと。
言い訳をするわけにもいかないので、無理しているなと友達たちに思われることが非常に恥ずかしいんですよね。

まずは、高い声が出る仕組みを知ってからトレーニングに入りましょう。

声帯とは、たくさんの筋肉が張り巡らされている喉の内部に存在する粘膜です。

声帯に息が通り、左右の粘膜を震わせることによって声が出ます。

高い声が出るときは声帯がピーンと張り、反対に低い声になるにつれて声帯が緩まっていくというという仕組みです。それに加え、体に吸い込んだ空気を適切な量と時間をかけて放出しているかも重要です。
空気を吸い込み、一定量で声帯へと送るようにしなければ、声が裏返ったりする原因となってしまいます。

自分ひとりでカラオケに行っているときに高い声が出るのに、友達と行くと失敗してしまうのか、それは体が声の使い方を知っていて実践できているのにもかかわらず、周りの視線などによる緊張から、声帯周辺の筋肉も強張ってしまい、いつものように声帯を使うことができないからです。
そして、緊張に伴い息も浅くなってしまうため、高い声どころかロングトーンまでも息が続かなくなってしまうこともあるでしょう。

高い声の出し方を喉や体がきちんと知っているのですから、変に緊張せずどこでもリラックスして歌うことをおすすめします。

高い声を出すために、声帯を操れるようになりましょう

高い声だけではなく、いろいろな声を出せることは歌を歌う人にとって大変有利なことです。

なぜなら、イメージした声を声帯と呼吸で再現することができるほど声帯の操り方をしっているからです。

ものまねをしている芸人さんは、皆さん歌が上手いと思いませんか?
ものまねを習得するために、何時間も何日も、自分の声帯に題したい声のイメージを伝え練習を重ねた結果出せている声なのです。

もちろん声質も関係してきますので、声帯が操れるようになるだけですべてのものまねが可能というわけではありません。
ですが、さまざまなジャンルに挑戦していくことで、出来ないと思っていたものまねもやってのけてしまう人も中にはいるのです。

声帯を思い通りに動かせるようにしておくと、新しい歌に挑戦するときに大変楽に感じますので、ぜひ練習にものまねを取り入れてみてください。

カラオケで練習する前に、歌を聞き込み自信を付けましょう

自分が作詞、作曲した歌であれば、自分の感情や歌に対する思いがもともとのっているため、必要のない工程なのかなとは思いますが、カラオケに入っているアーティストの曲には、作詞した人の思い、作曲した人の思いが込められています。

歌詞をすべて読み込み、情景や感情を膨らませられる想像力が必要ですし、作詞した人と作曲したが違う場合は、もっともっといろいろな感情を読み取っていく必要があります。

そのためには、曲をこれでもかというくらい真剣に聞き込み、まるで自分が作った歌かのように感情移入が出来るようになると、自然と歌に強弱が付くようになり、スッと高い音域まで声が出るようになるでしょう。

カラオケには歌詞が表示されますが、歌詞を見ながら歌うと「歌詞を読み上げている」に近い状態になってしまう可能性がありますので、歌詞も頭にインプットさせ、練習するようにしましょう。

カラオケへ行った後は、喉のケアをしてあげましょう

歌を歌わない、声を意識して使わない人にとっては、喉の調子を気にすることなんて風邪を引いたりして喉が痛くなったりしない限りあまりないことでしょう。ですが、歌を歌っている人からすると、喉や声帯を含む体すべてが楽器です。
楽器にはもちろんメンテナンスが大切。
手をかけた分だけ返ってくるものや共鳴率が上がっていくのもまた事実です。

私たちの体が楽器である以上、カラオケや練習に行く前のチューニング(ウォーミングアップ)、カラオケや練習の後のケア(休息)などが必要なのです。

カラオケに行く前は、発声練習や腹式呼吸をして、歌に使う筋肉を目覚めさせましょう。

カラオケから帰ってきたら、食塩水でうがいをし、温かいお風呂に使ってリラックスして過ごしてください。
練習後しばらくは声を出さないようにし、喉を休めてあげましょう。

カラオケで高い声が出せるようになると、レパートリーが増えて楽しくなる

高い声が安定して出せるようになると、歌える曲のレパートリーがどんどん増えていくことでしょう。

今まで歌ったことのないジャンルの歌に挑戦してみても、良いかもしれません。
そのときは、喉を酷使しないように丁寧に練習していくことが大切です。

ものまねで声帯のトレーニングをしていくうちに、本当にものまねが上手になっていく可能性もあります。
歌を歌うときにはもちろんオリジナルの声で歌っていくことをおすすめしますが、友人同士でカラオケに行くときなどのネタとして持っておくのも良いかもしれませんね。