カラオケで歌を録音!スマホで簡単に録音する方法

歌をもっと上達するために自分の歌を録音して聞いてみたいと思ったことがある人も多いでしょう。
自分の歌っている歌を聞くというのは、課題が見つかりやすくとても良い練習方法です。
練習のための録音でしたら、スマホの録音機能を使っての録音で充分な場合が多いので、その方法などをご紹介します。

ただし、聞きなおしなどの練習以外の目的でカラオケでの練習風景を動画で撮って無断でインターネット上にアップロードすることは禁止されていますので注意しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

久しぶりに行ったカラオケで声が出ない!事前準備と気持ちの準備

久しぶりに集まった友達と、何年かぶりにカラオケに行くと「こんなに歌が下手だったっけ?」と自分に失望し...

高音もかっこよく歌いこなそう!ミックスボイスの練習法

歌を歌うとき、途中で苦しくなる音域ってありますよね。裏声を使うと出るけれど、ロックなどの曲は急に...

カラオケマイクは持ち方が重要!構造と上手な持ち方をご紹介

友達や職場の人とカラオケに行く機会が増えてくると、曲のレパートリーを増やすためにひとりカラオケに通っ...

裏声は鍛え方がわかれば誰でもできる!コツをご紹介

カラオケに行って、好きなアーティストの歌を歌おうと思っても、なかなかサビの高音が出ないという経験があ...

カラオケで喉を痛めてしまわないように鍛える方法をご紹介します

カラオケで歌を歌っていると、だんだんと声がかすれてきたり、喉が痛くなってしまうこと、ありますよね。...

カラオケでロングトーンを響かせ、周りを魅了しましょう

カラオケで歌がきれいに響いてる人に憧れますよね。曲の盛り上がりが最高潮に達するサビ前やサビ後にあ...

急な誘いでもまだ間に合う!歌が上手く聞こえる裏ワザをご紹介

お友達に急にカラオケに誘われたときに「久しぶりだからあまり乗り気じゃないな」と感じることってあります...

カラオケが苦手な人でも克服できる方法をご紹介します

「カラオケって、なんだか苦手だな…」と感じている人も少なくありません。その理由は、歌が得意ではな...

途切れず声を繋げたい!ロングトーンの練習方法をご紹介

歌を歌っていると「最後の伸ばすところがいつも伸びきらないんだよな…」と悩むことがあると思います。...

カラオケが上達するコツはこれ!うまくなる方法をご紹介

カラオケに行く理由は人によって様々ですが、最近は楽しむだけではなく歌が上達するために一人で通っている...

カラオケで声量がないことが嫌!声量を上げるトレーニングの方法

カラオケに行くと、自分の声量のなさに落ち込んでしまう人も多いでしょう。声がマイクに通らないからと...

地声と裏声を操って高音をきれいに出すための方法をご紹介します

歌を歌っていると、歌の盛り上がる部分での高音がかすれてしまったり、上手に出せなかったりして残念だなと...

高い声をカラオケで出せるようになる方法をご紹介します

カラオケで歌っている時に高い声を意識して出しているつもりだけれど、調子よく出たり、出なかったりと不安...

歌唱力をアップさせるボイストレーニングの方法をご紹介

歌唱力をアップさせたいけれど、時間やお金に余裕がなくボイストレーニングなどに通うのは現実的ではない、...

カラオケで高い音をスッと出すコツをご紹介します

カラオケで高い音が出せたらかっこいいですよね。高いと感じる音は人それぞれですが、自分の喉が高いと...

スポンサーリンク

カラオケで自分の歌をスマホに録音する方法

自分の歌声を録音して聞いてみた事はありますか?

効果的な歌の練習をするには、実際に自分の歌った歌を録音して聞いてみることが大切だとされていますので、練習には日常的に取り入れていくことが好ましいです。

では、どのようなものを使って録音し、手軽に再生することができるのかをご紹介しましょう。

一番身近で簡単な方法はスマホの録音機能やアプリを使う方法があります。

スマホを持っている人は、カラオケに行くときだけでなく日常的にスマホを肌身はなさず持ち歩いている人が多いため、最近はこの方法で録音して練習している人が非常に多いといわれています。

その理由は、何か特別な準備が必要なわけではなく、カラオケのテーブルの上に置くだけで録音できるからです。

このように手軽な方法で録音できるのは、歌を練習する身としては大変ありがたいですよね。

録音する前に注意することは、カラオケのガイドメロディーをきっておくことです。
カラオケの機械によっては、メロディーラインをカラオケ音源と一緒に流してくれている場合があります。

ガイドメロディーは、歌うときにあると便利なのですが、実際歌を歌うときにはガイドメロディーがないのが当たり前なので、本格的な練習が出来ますよ。

スマホでカラオケを録音するメリットとデメリット

スマホで録音するのには、メリットとデメリットがあります。

メリットとしては、スマホは基本的に持ち歩いているものなので、いつでもどこでも聞きなおせることです。
いつでも聞きなおしができるということは、移動時間などにも自分の歌を聴いて、自分の歌を見直すことができるのです。

時間を無駄にせず、とても効率的ですよね。

そして、充電さえきちんとしていればスマホをいつでも使うことが出来ますので「録音したいな」というタイミングですぐに録音することが出来ます。

メリットがとても魅力的ですが、デメリットは音質です。

音質が可もなく不可もなくといったところなので、声だけをしっかり拾って欲しい場合には不向きとなります。

ただ、練習のために必要な録音でしたら、スマホの録音機能の音質で充分な場合がほとんどですので、手軽にできるスマホ録音をおすすめします。

スマホで録音は「空間録音」。よりクリアに録れる「ライン録音」

スマホで録音する方法は空間録音といって、空間全体の音を録音しています。

全体の音を拾っているので、歌だけでなく物音や足音なども満遍なく録音されます。

他のお客さんの笑い声なども入ってしまう可能性もあります。

できるだけ雑音が入らずに録音したいと思うのであれば、静かめな一番お客さんを通すことが少ない部屋に案内してもらうようにカラオケの店員さんに持ちかけたり、「お時間10分前です」などの部屋へのコールを控えてもらうようお願いするのも良いでしょう。

では、もっとクリアに録音できる方法とはどのような方法なのでしょうか?

例えば、本格的にカラオケの音源を使って自分の歌をレコーディングのように録音したいのであれば、本格的な機械が必要となります。
その機械は、マイクと本体、本体と録音の機械へとプラグや配線などで繋がって録音するため「ライン録音」といわれています。

カラオケ音源での応募が可能なオーディションなどに自分の歌を送る場合は、きちんと声が録音されていないといけないので、スマホでの録音では不向きです。

ですが、ほとんどのカラオケ店はカラオケの機械に外部機器を接続することを禁止しているので、カラオケの音源をつかって本格的な録音をする場合は専用の施設などを探すか、自分で環境を作る必要があります。

カラオケで録音した歌を無断で投稿することは禁止されています

カラオケで録音した歌は、あくまでも個人の練習用でということを忘れてはいけません。

最近では動画サイトに歌った動画をアップロードしている人もいますが、きちんとしかるべき許可を経て投稿しています。

無断で投稿してしまうと、著作権などの関係で罰則がある可能性もありますので、安易にアップロードしないように注意しましょう。

もちろん、動画だけではなく音声のみの録音も同様の扱いですので、こちらも注意が必要です。

録音した歌を何度も聴いて、自分の課題見つけましょう

第三者に自分の歌声を評価してもらっても、その人の好みなどもありますし、正確な評価が得られないことがあります。

ですが、録音した自分の歌声を自分自身で聞くことで、直すべき今後の課題が見つかっていきます。

歌いだしの発音が弱いと感じたり、ロングトーンの不安定さを感じたりするでしょう。
改めて自分の歌声を聴くことで、声質にも気が付くことがあると思います。

思っていたより声が高かったと感じたり、ロック系より甘い歌が合いそうな声だったりと新しい発見があるでしょう。

自分自身の課題を可視化して、どんどん上達していってくださいね。