カラオケでいい声を出せるとモテる!いい声の特徴と作り方

カラオケは友達同士でも、いつもと違った相手の一面が見れる場なので、恋が芽生えることも珍しくはありません。
特に、男性が放つ低音のいい声は、女性の心をわしづかみにするかもしれません。
ですが、カッコいいからといって有名人の声マネなどをしすぎてしまうと、悪印象になりかねないのでやめておいた方がいいでしょう。

カラオケで女性が思ういい声の特徴や、いい声の作り方をご紹介しますので、是非参考にしてカラオケでモテる男性を目指しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

久しぶりに行ったカラオケで声が出ない!事前準備と気持ちの準備

久しぶりに集まった友達と、何年かぶりにカラオケに行くと「こんなに歌が下手だったっけ?」と自分に失望し...

みんなを驚かせよう!カラオケを上手く歌うコツをご紹介

もともとカラオケが苦手な人は、カラオケのお誘いが来てもあまり気分が乗らないというひとも少なくありませ...

カラオケで高い音をスッと出すコツをご紹介します

カラオケで高い音が出せたらかっこいいですよね。高いと感じる音は人それぞれですが、自分の喉が高いと...

カラオケで高音を出す方法!男だからとあきらめないで

カラオケに行くと、どうしてもこの歌のサビが歌えないんだよなあ…と感じること、ありますよね。サビま...

急な誘いでもまだ間に合う!歌が上手く聞こえる裏ワザをご紹介

お友達に急にカラオケに誘われたときに「久しぶりだからあまり乗り気じゃないな」と感じることってあります...

途切れず声を繋げたい!ロングトーンの練習方法をご紹介

歌を歌っていると「最後の伸ばすところがいつも伸びきらないんだよな…」と悩むことがあると思います。...

カラオケで低音が出せない!歌を低い声で歌う方法

歌を歌うとき、高い声は難なく出ても、低い声が出なくて困っている方も多いと思います。カラオケのよう...

カラオケへ行く前に発声練習!簡単な喉の準備運動をご紹介

カラオケに行く前に発声練習などで喉の準備をしていないと、声帯や喉がびっくりしてしまって声がかすれてし...

高音もかっこよく歌いこなそう!ミックスボイスの練習法

歌を歌うとき、途中で苦しくなる音域ってありますよね。裏声を使うと出るけれど、ロックなどの曲は急に...

肺活量を鍛えるペットボトルを使ったトレーニング方法をご紹介

肺活量を増やしたいと考えている人の中には、会話での声量を増やしたい人、歌がもっと上手に歌えるようにな...

カラオケで歌を録音!スマホで簡単に録音する方法

歌をもっと上達するために自分の歌を録音して聞いてみたいと思ったことがある人も多いでしょう。自分の...

地声と裏声を操って高音をきれいに出すための方法をご紹介します

歌を歌っていると、歌の盛り上がる部分での高音がかすれてしまったり、上手に出せなかったりして残念だなと...

カラオケが上手く聞こえる!テクニックや裏技をご紹介します

普段はそんな素振りを見せないのにカラオケに行くと歌が上手い人っていますよね。そのようなギャップに...

カラオケで録音する方法と注意点をご紹介します

歌を練習している人は、簡単にカラオケで歌った歌を録音できたら良いなと思う人も多いのではないでしょうか...

カラオケマイクは持ち方が重要!構造と上手な持ち方をご紹介

友達や職場の人とカラオケに行く機会が増えてくると、曲のレパートリーを増やすためにひとりカラオケに通っ...

スポンサーリンク

カラオケで女性を魅了する!いい声の特徴とは

カラオケでは、その人の違った一面が見られるため、普段はあまり気付くことのない声の特徴に気付くことがあります。

「思っていたより声が高いんだな」や、「いい声しているな」と感じることもしばしば。

そこで女性ウケがとても良いとされている「いい声」の特徴をご紹介します。

安心するような優しい声

いい声と感じるのにも好みがあるので「コレ!」とひとつに絞ることは出来ないのですが、安心するような優しい声の男性をいい声と感じる女性が多いようです。

安心するというのは、聞いていて心が落ち着くという意味です。

女性は、男性全員を恋愛対象としてみているわけではないのですが、いい声で心が落ち着くなと感じると、恋愛においてとてもいい関係を気付けるのではないかと心のどこかで思ってしまうのです。

滑舌が良い

滑舌がいいと、アナウンサーやナレーターのようないい声だな、と感じます。
滑舌がよくハキハキとした話しかただと、相手へと話が伝わりやすくなり、しっかりしている、頼れる人などの印象となります。

色気のある声

カラオケでは、特にこの「色気」が重要となってきます。
声にセクシーさや色気があると、ラブバラード系の歌に感情移入をさせなくとも、声色で女性を魅了することが出来ます。

女性がいい声と感じるほとんどが低音域の声

女性が「いい声」と感じる声のほとんどが、低く響いている声です。

音は耳で聴き感じるもの

特に高音は耳から入ってきている感じがしますが、低音の場合は、聴き手の体をブーンと伝わって、全身で感じることができる音です。

そのため、体全身が音に包まれるような感覚に陥り、いい声を聴いて心地よい、安心感を得られるのです。

印象という面での高い壁「イケメン」ですが、顔は写真などを見返せばいつでも見ることが出来ます。

もちろんカラオケも動画で撮れば聞き返すこともできるのですが「あの声が聴きたい!」と思った女性から電話などの連絡手段を使ってアプローチをかけてくるということも大いに考えられるのです。

低音域のいい声を作るための練習方法

では、低音域で響くようないい声を作るにはどうしたらいいのでしょうか。

もちろん、人それぞれうまれ持った声質があり、いい声を作る練習をしたからといって皆が同じいい声になるわけではありません。
そのため「いい声とはこの声!」というイメージを持つことはやめましょう。

音域もそれぞれ違いますので、あなたの声の音域にとって低い音を、響かせる練習を行うだけで個性を持ったいい声にだんだんと近づいていきます。

低い声の響かせ方

低い声というのは、小さく相手に届きにくい声です。
その理由は、声帯にあります。

高い声を出すと声帯がピンと張り詰めるように働きますが、低い声は声帯がリラックスして緩んだ状態で発声することになります。

声帯が緩んでいるのに、そのほかの喉の筋肉にだけ力を入れることは大変難しいので、大きな声になりにくくこもってしまいがちです。

低い声をしっかりと届けるには姿勢が重要

姿勢をまっすぐ正して、空気の通り道を確保してあげて、顎を引いて歌うことで声の響きが変わります。

そして、カラオケで重要な選曲です。

いい声をアピールするためには、バラードが必須です

まずは自分がいい声なんだと回りに教えるためにバラードを歌い、女性のハートをつかみましょう。
場やメンバーにもなれてきたら「この人はこんな曲も歌えるんだ」と少し外れた選曲をしてみるといい印象が得られますよ。

カラオケでいい声の歌手などの過度な声マネは、しないほうがいい

カラオケで歌を歌うときにやってしまいがちなのがものまねです。

そのものまねが、ハイクオリティーで、自他共に認めるような再現度なのであれば、場の雰囲気を良くするいいきっかけかもしれません。

ですが、特にいい声が素敵だと感じる歌手や芸能人のものまねは特徴があり、素人研究ではものまね芸人のように上手にできる保障はありませんので、中途半端にものまねをしてしまうと女性が嫌悪感を抱いてしまう可能性が高いです。

安易にものまねを入れてしまうと空気を壊してしまう事があり、とてもリスクが高いためやめたほうがいいでしょう。

カラオケでモテるためには、声だけではなくキャラや振舞いの印象も大切

カラオケでは、いい声で女性陣にアピールすることもモテるためには効果的ですが、そのグループでのキャラクターや周囲への気遣いなどで印象に残すことも大切です。

その場ではあまり意識して感じなくても、帰宅後に「また次回」という話が出るときには、必ずそのとき感じたそれぞれの印象を思い返すときが来るでしょう。

いい声はカラオケで強くアピールすることが出来ますが、キャラクターや振る舞い、気遣いなどが印象に残っているほうが、食事会や他の遊びでも高感度を得られるようになります。

「この人は大人数でいるとき、こういう気遣いができる人なんだ」といい印象を持ってもらうために、日ごろから周りに気を配ったりしておくといいですね。