良い声で歌うにはトレーニングが必要!肺活量の増やし方をご紹介

歌を歌うときに息が続かないせいで、変なところでブレスをしてしまう事はありませんか?
そのようなことを無くすために、肺活量を増やしておくトレーニング方法を実践しておくと良いでしょう。

肺活量を鍛えることで歌がもっと上手になることはもちろん、階段など日常生活での息切れなども予防することが出来ますので、試してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

カラオケで喉を痛めてしまわないように鍛える方法をご紹介します

カラオケで歌を歌っていると、だんだんと声がかすれてきたり、喉が痛くなってしまうこと、ありますよね。...

カラオケで喉を痛めてしまったときの回復方法と予防策をご紹介

カラオケへ行った翌日に「なんだか喉の調子がおかしいな」と感じたこと、ありますよね。カラオケは歌練...

カラオケで声量がないことが嫌!声量を上げるトレーニングの方法

カラオケに行くと、自分の声量のなさに落ち込んでしまう人も多いでしょう。声がマイクに通らないからと...

カラオケマイクは持ち方が重要!構造と上手な持ち方をご紹介

友達や職場の人とカラオケに行く機会が増えてくると、曲のレパートリーを増やすためにひとりカラオケに通っ...

カラオケでロングトーンを響かせ、周りを魅了しましょう

カラオケで歌がきれいに響いてる人に憧れますよね。曲の盛り上がりが最高潮に達するサビ前やサビ後にあ...

難しいトレーニングは要らない!歌がうまくなる方法をご紹介

日常で歌を披露する機会はなかなかないと思いますが、カラオケに行ったときに、歌がうまい人ってかっこいい...

カラオケが上達するコツはこれ!うまくなる方法をご紹介

カラオケに行く理由は人によって様々ですが、最近は楽しむだけではなく歌が上達するために一人で通っている...

カラオケへ行く前に発声練習!簡単な喉の準備運動をご紹介

カラオケに行く前に発声練習などで喉の準備をしていないと、声帯や喉がびっくりしてしまって声がかすれてし...

裏声は鍛え方がわかれば誰でもできる!コツをご紹介

カラオケに行って、好きなアーティストの歌を歌おうと思っても、なかなかサビの高音が出ないという経験があ...

カラオケで高い音をスッと出すコツをご紹介します

カラオケで高い音が出せたらかっこいいですよね。高いと感じる音は人それぞれですが、自分の喉が高いと...

ロングトーンを上達させてカラオケの採点を攻略しましょう

カラオケの採点機能をよく利用する人は、なかなか採点が伸びないと悩んでいる人もいるでしょう。その中...

歌がもっと好きになる!歌が上手くなる歌い方をご紹介します

歌を練習していると、やるだけやったはずなのにどうしてもここから上達しないなと悩んでしまうことってあり...

カラオケが上手く聞こえる!テクニックや裏技をご紹介します

普段はそんな素振りを見せないのにカラオケに行くと歌が上手い人っていますよね。そのようなギャップに...

カラオケで録音する方法と注意点をご紹介します

歌を練習している人は、簡単にカラオケで歌った歌を録音できたら良いなと思う人も多いのではないでしょうか...

地声と裏声を操って高音をきれいに出すための方法をご紹介します

歌を歌っていると、歌の盛り上がる部分での高音がかすれてしまったり、上手に出せなかったりして残念だなと...

スポンサーリンク

歌のために肺活量を増やしたい人におすすめのランニング

肺活量を増やしたい人におすすめのトレーニングは、ランニングです。
ランニングといえば、体力作りやダイエットの代表といえるトレーニングですよね。

実は、ランニングは肺活量を増やすことにも適している運動なのです。

ランニングに必要なのは、呼吸のリズムです。
大きく吸ってゆっくり同じ量を吐き続けることによって、全身の筋肉だけでなく肺活量のトレーニングにもなります。

このようにメリットがたくさんあるランニングですが、デメリットも存在します。
ランニングを突然始めることによって、普段使わない筋肉が急に使われ、怪我をしたり肉離れのような症状が起こったりする場合があります。

体を動かし始める前には準備運動を必ず行ってから始めるようにしましょう。

私は運動が苦手でランニングをしようと思っても、準備運動で疲れてしまうことがあります。
そんなときは、無理せず準備運動から慣らしていってくださいね。

ペットボトルや風船を使って肺活量のトレーニングする方法

ペットボトルを使ったトレーニングをご紹介します。

やり方はいたってシンプルで、空気を吸ってペットボトルをつぶしていきます。

最初は、500mlの柔らかいペットボトルから始めていきましょう。
歌を歌っている人には簡単につぶせてしまうかもしれませんが、最初から無理をする必要はなく、徐々に積み重ねていくものなので、ゆっくり進んでいきましょう。
だんだんとペットボトルのサイズや硬さを変えていき、2Lの硬いペットボトルを吸い込んでつぶせるようになることを目標にしましょう。

風船を使ったトレーニングは、ペットボトルとは反対の、吐くトレーニングです。

一般的なゴム風船を使って、なるべく少ない回数で割れる寸前まで膨らます、というのが目標です。
男性は4回、女性は6回くらいで膨らましきれるようにしましょう。

ペットボトル、風船、両方のトレーニングに共通して意識してもらいたいポイントは姿勢です。
座って行うと、どうしても前かがみになっていってしまうことが多く、トレーニングの成果をきちんと出すことが出来ないです。

壁に背中を付けて離れないよう意識して行うと、トレーニングの効果が出やすく、歌の基本である腹式呼吸も自然と身についてくるでしょう。

家にあるもので肺活量を増やしたい!時計を使って鍛える方法

家にあるもので簡単にできる肺活量のトレーニングは、時計の秒針を使ったトレーニングです。

まずは、息を止めるトレーニングです。
このトレーニングで期待できる効果は、体の中にある限られた酸素を処理する能力を向上させ、少ない量の酸素でも活動できるようになります。
運動をする方には、とても効果的なトレーニングですよ。
スタート前に息をたっぷり吸い、息を止めます。
まずは40秒ほどを目標にしてみてください。

反対に、息を吐く時間を延ばしていくトレーニングも出来ます。

このトレーニングでは、歌の発声などに使われる均等な息の吐き方が身につきます。
どちらのトレーニングも、他のトレーニングと一緒で姿勢が大切なので、姿勢を崩さないように取り組んでいきましょう。
こちらも同じくらい40秒あたりから伸ばしていきましょう。

私も、歌を歌うことが趣味なのでこの記事を書きながら挑戦してみたところ、息を止めるのは1分できましたが吐くのは38秒と短めでした。
両方1分超えるのを目標にしたいと思います。限界かも!と感じてから少し先までチャレンジすることが次の成果に繋がりますよ。

肺活量を増やしながら、健康に!メリットがたくさんある

肺活量を増やすと、日常生活にもメリットがたくさんあります。

例えば階段を上ったときに息切れをしますよね。
その息切れが少し改善されたり、電車に乗り遅れそうになって全力疾走したあと、軽い深呼吸で息が整うようになったりもします。

だんだんと年齢を重ねていくごとに体力が低下していきますが、肺活量を継続して鍛えておくことで事前に予防しておくことが出来ます。

肺活量のトレーニングを行うときは、酸欠に注意しましょう

肺活量のトレーニングには、特に注意して欲しいことがあります。
それは、酸欠や脱水症状です。

体内にある酸素だけを消化していくためのトレーニングや、体の空気を出し切るトレーニングを行うため、体調の変化が起こりやすいです。

時間が空いたときに手軽にできるトレーニングのため無理をしてしまいがちですが、休み休み少ない回数を長い日数継続していくことが重要ですよ。

ランニングに関しては、息をすることに集中しすぎて水分補給を忘れてしまう可能性があるため、事前にルートを決めておいて、休憩スポットを決めておくと良いでしょう。

全身をバランスよく鍛えられるランニングは、歌を歌うときに使う筋肉を同時にたくさん鍛えられるため、日常生活の中に取り入れて習慣にするのも良いですね。