ロングトーンを上達させてカラオケの採点を攻略しましょう

カラオケの採点機能をよく利用する人は、なかなか採点が伸びないと悩んでいる人もいるでしょう。
その中でも、特にロングトーンの息が続かない、安定しないことが気になっている人も多いのではないでしょうか。
ロングトーンは、腹式呼吸や肺活量を鍛えることでより安定させることが出来ます。
採点で加点になるロングトーン以外のテクニックもご紹介しますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

高い声をカラオケで出せるようになる方法をご紹介します

カラオケで歌っている時に高い声を意識して出しているつもりだけれど、調子よく出たり、出なかったりと不安...

カラオケで歌を録音!スマホで簡単に録音する方法

歌をもっと上達するために自分の歌を録音して聞いてみたいと思ったことがある人も多いでしょう。自分の...

裏声は鍛え方がわかれば誰でもできる!コツをご紹介

カラオケに行って、好きなアーティストの歌を歌おうと思っても、なかなかサビの高音が出ないという経験があ...

カラオケへ行く前に発声練習!簡単な喉の準備運動をご紹介

カラオケに行く前に発声練習などで喉の準備をしていないと、声帯や喉がびっくりしてしまって声がかすれてし...

途切れず声を繋げたい!ロングトーンの練習方法をご紹介

歌を歌っていると「最後の伸ばすところがいつも伸びきらないんだよな…」と悩むことがあると思います。...

カラオケで低音が出せない!歌を低い声で歌う方法

歌を歌うとき、高い声は難なく出ても、低い声が出なくて困っている方も多いと思います。カラオケのよう...

難しいトレーニングは要らない!歌がうまくなる方法をご紹介

日常で歌を披露する機会はなかなかないと思いますが、カラオケに行ったときに、歌がうまい人ってかっこいい...

みんなを驚かせよう!カラオケを上手く歌うコツをご紹介

もともとカラオケが苦手な人は、カラオケのお誘いが来てもあまり気分が乗らないというひとも少なくありませ...

カラオケが苦手な人でも克服できる方法をご紹介します

「カラオケって、なんだか苦手だな…」と感じている人も少なくありません。その理由は、歌が得意ではな...

急な誘いでもまだ間に合う!歌が上手く聞こえる裏ワザをご紹介

お友達に急にカラオケに誘われたときに「久しぶりだからあまり乗り気じゃないな」と感じることってあります...

カラオケでいい声を出せるとモテる!いい声の特徴と作り方

カラオケは友達同士でも、いつもと違った相手の一面が見れる場なので、恋が芽生えることも珍しくはありませ...

地声と裏声を操って高音をきれいに出すための方法をご紹介します

歌を歌っていると、歌の盛り上がる部分での高音がかすれてしまったり、上手に出せなかったりして残念だなと...

久しぶりに行ったカラオケで声が出ない!事前準備と気持ちの準備

久しぶりに集まった友達と、何年かぶりにカラオケに行くと「こんなに歌が下手だったっけ?」と自分に失望し...

カラオケで録音する方法と注意点をご紹介します

歌を練習している人は、簡単にカラオケで歌った歌を録音できたら良いなと思う人も多いのではないでしょうか...

カラオケでロングトーンを響かせ、周りを魅了しましょう

カラオケで歌がきれいに響いてる人に憧れますよね。曲の盛り上がりが最高潮に達するサビ前やサビ後にあ...

スポンサーリンク

ロングトーンを安定させるには、腹式呼吸をおこないましょう

ロングトーンを安定させるには、まず歌の基本「腹式呼吸」の習得です。

なんとなく出来ているような気がしている腹式呼吸。
でも、腹筋の内側の筋肉をつけ、お腹に柔軟性を持たせるようにしなければ、ロングトーンでその成果を発揮してくれません。

腹式呼吸をマスターするためには、姿勢を正さなければなりません。

猫背や肩が内側に入った状態で深い呼吸をしても、しっかりと筋肉も使えずトレーニングになりません。

姿勢を正したら、お腹に空気を入れましょう。
お腹をゆっくり膨らませて空気を取り込み、もう吸い込めない!という限界のタイミングと、お腹がこれ以上膨れない!というタイミングが同じ位になるようにしましょう。

次は、ロングトーンに強く関係している「息を吐く」です。

ただ単純に息を吐けば良いわけではなく、腹筋をつかって均等に息を吐き出していきます。
気を抜いたときに「フッ」と大量に出てしまうことがあると思いますが、慣れていくうちになくなっていきますので頑張ってください。

腹筋を使えるようになったら、吸い込むときは静かに、吐くときは閉じた口の歯と歯の隙間から「スーーー」と聞こえるように吐きましょう。

カラオケ採点で高得点に繋がる!ロングトーンの練習方法

腹式呼吸で吸う、吐くをマスターしたら、今度はその息に声を乗せていきましょう。

「スーーー」と言う音を「あいうえお」に変えて発声していきます。

「あ」を延ばす場合、腹式呼吸で大量に吸い込んで「あ」の口にしたまま閉じずに喉だけで発声しましょう。
できるところまで延ばし続けます。
「もう、吸わないと苦しい!」と思ったときに腹筋にグーッと力をいれ、出し切ります。
出し切った反動で、大きく息を吸い込みますので、すぐさま「い」を延ばし続けます。
このときのポイントは、発音する言葉が変わっても「あいうえお」は唇をくっつけなくても発音できる音なので、口を閉じずに「お」まで行うことです。

反動で吸った感覚、最後まで腹筋を使って搾り出した感覚がロングトーンに活かされます。

ロングトーンのお尻の部分が弱まってしまうことがないように、最後まで出し切って、力強いロングトーンを作り上げましょう。

カラオケ採点で加点される技術は、ロングトーン意外にもたくさんある

カラオケの採点機能には、音程の正確さ、抑揚、表現力などの基盤部分の採点に加え、ロングトーンなどのテクニックで加点される機種が多い

ロングトーンのほかには、ビブラートというものや、こぶしやしゃくりなどのテクニックを加点してくれるものもあります。

その中でも、特に練習して成果が見られ、歌の幅が広がるものがビブラートです。

ビブラートは、ロングトーンのように長く伸ばすところに声を震わせるというテクニックを乗せたものです。

声を震わせる、といってもイメージしづらいと思いますが、一定の音で延ばしている、例えば「ド」。
「ド」の音で延ばしていた声を震わせるように「ドレドレドレ」と音を上げ下げするのです。
震えというよりも、揺れですね。

ビブラートを大げさに出す練習をし続けると、だんだんと喉が感覚をつかみ、ロングトーンの最中に現れるようになります。

このテクニックが、カラオケ採点で高得点を狙う鍵を握っているかもしれません。

ロングトーンが力強い歌声は、カラオケでもかっこいい印象になる

もちろん、カラオケの採点機能からの目に見える評価も大切ですが、歌は機械的な技術やテクニックだけでなく、直接聴いてくれている人の耳へと流れ込んでいくことで、より曲の風景や情景などが入り込み感動を与えることができるということを忘れてはいけません。

もともと、アーティストの方々が思いをこめて作った曲の中に存在するロングトーン。
オリジナルで歌われているアーティストの方々の印象通り、かっこいい、可愛いなどの印象が曲には付いているはずです。

ですが、カラオケでは最初から最後まであなたの声。
曲の終わり頃にはあなたの歌った印象が強く残ることでしょう。
そこでロングトーンを個性的に、かつしっかりと力強く伸ばしきれていたら、存在感もすごいですし、かっこいい、上手いなという印象を受けるはずですよ。

ロングトーンの練習には呼吸が重要。酸欠などには気をつけて

ロングトーンの練習には、呼吸法が大切だということをお伝えしてきましたが、もともと肺活量少ない人には腹式呼吸のトレーニングやロングトーンのトレーニングをする際には酸欠状態にならないように注意が必要です。

頭がくらくらしたり、胸がドキドキするような症状が出た場合には、体に酸素が回らない状態になってしまっている可能性があるため、一度水分をとって休息しましょう。

始めたばかりのトレーニングで、急にすぐ上達することはめずらしいので、ゆっくりと休み休み時間をかけて練習して、カラオケで高得点を目指しましょう。