カラオケが苦手な人が克服する方法をご紹介します

カラオケが苦手な人って、結構多いですよね。
必ず歌わなければいけない雰囲気や、一緒に盛り上がっていないと感じが悪く見えてしまう雰囲気がどうしても我慢できなかったり、歌ってみたものの音痴と指摘されて嫌な思いをした経験がある方もいます。

だからといって「苦手」という一言では済まされない状況になることもあるため、苦手を克服したいと考えている人のために、カラオケの克服方法をご紹介しますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

何音痴なのかを知って、音痴を直す方法をご紹介

カラオケに行って歌ってみると、周りの人の反応が気になって「もしかして、音痴なのかな…」と不安になった...

カラオケが下手だと感じる人の特徴と改善方法

カラオケに行くと周囲の人の反応を気にして「自分は下手だと思われているんじゃないか」と不安に思ってしま...

歌が上手くなる!自宅でできる簡単な練習方法をご紹介します

歌が上手くなりたいと練習をしている人は、歌をなるべくたくさんの時間練習していたいと考えますよね。...

カラオケで上手に歌えないから遠ざけてしまう人の改善方法

カラオケがあまり好きではない人、意外と多いと思います。好きではない理由で多いのが、歌が上手に歌え...

お腹で声をコントロールして歌う方法をご紹介します

お腹で歌うという表現方法を耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。実際に声が出て歌うのは...

たったこれだけ!歌が格段にうまくなる方法をご紹介します

「自分は歌が下手だから…」と歌を遠ざけている人も多いでしょう。ですが、同僚や友人とカラオケへ行っ...

声量を増やす!お腹から声を出す方法とそのメリット

お腹から声を出しましょうといわれても、お腹からどうやって声を出せば良いのかと驚く人も多いのではな...

音痴を直す方法は音程と声帯のコントロール!その方法をご紹介

近年、一人でカラオケに通って歌を練習する人が増えていますよね。中には、本格的に歌を学んでいる人も...

スポンサーリンク

カラオケが苦手なのは、音痴や恥じらいが原因

カラオケが苦手な人の中には、カラオケに行ったことがない「行かず嫌い」な人もいるでしょう。行ったことがなく、なんとなくイメージで苦手と感じている人はまずカラオケに足を運んでみることから始めましょう。カラオケにいった経験があって、苦手だと感じている人は、過去の苦い経験が壁となっている人もいます。
例えば、歌が下手だと指摘されてしまった過去がある場合、人前で歌うことがトラウマになってしまっている可能性があります。

カラオケに行った経験がある人でも、人前で歌ったことがない人もいますよね。
歌ったことがない理由は、人前で歌を歌うことが恥ずかしいと感じているため、マイクを渡されてしまうことを怖がって陰に隠れてやり過ごしてきた人も多いでしょうし、周りに歌えませんと伝えてカラオケに参加しても問題がないメンバーと行っている人も多いでしょう。

どのパターンの人も、会社の人や上司の人など、断りにくい人とカラオケに行かなければならないときはどのようにしたら良いのでしょうか。

その答えはもちろん「克服」なのですが、簡単にいけば誰も苦労しません。

克服するまでに時間がかかってしまうこともあるため、早いうちから対策をとっておくと良いでしょう。

練習で歌に自信を付けて、カラオケを克服しよう

苦手なカラオケを克服する方法として、カラオケで練習を繰り返して自信を付けていく方法があります。

自分自信で歌が上手ではないと思っていたり、下手と言われたことがある人は「もう人前で歌っても大丈夫」という自信が付くまで練習しましょう。

練習方法は、一人でカラオケに行くことです。

職場から近いカラオケに通うと、練習していることがばれたりしてしまって、余計に嫌な気持ちになってしまう可能性がありますので、できるだけ職場から離れた自宅近くのカラオケに通うことをおすすめします。

カラオケに通って歌を練習するときに是非チャレンジしていただきたいことが、採点機能を使うことです。採点機能を使って機械と言えど自分以外に評価されることに慣れていく事も、克服への第一歩です。

歌が上手、下手、というのは聴いている人それぞれの感じ方で違います。

例えば、声質が独特であることがコンプレックスと感じていたら、似たような声質のアーティストを探して歌ってみると良いでしょう。

下手、音痴などの言葉をかけられたことがある人は、そのときに歌った歌は自分に合わなかった歌だと割り切ることも大切ですよ。

苦手なカラオケを克服するには、ノリの良い「持ち歌」を持とう

苦手克服が出来なかった場合、「克服したふり」で自分をごまかしておくほうが手っ取り早いのです。

ノリの良い、アップテンポの曲を歌えるようにしておくと、カラオケ一緒に来た人たちと盛り上がることが出来ます。

盛り上がる曲は、ノリと勢いで歌いきることができるのが特徴で、できるだけ吹っ切れて歌う度胸を鍛える必要があります。

恥ずかしいと感じてしまうのはもちろんなのですが、一度大勢の前で歌ってしまえばその日のカラオケはもう何を歌っても大丈夫でしょう。

ただ、デメリットとしては、また次にカラオケに誘われたときにも同じテンションまで持っていく必要があるということです。

持ち歌を持つために練習することよりも、毎回ノリの良いテンションにもっていくことのほうが大変かもしれません。

カラオケがどうしても楽しくないと感じるのであれば、周囲にしっかりと伝えよう

「カラオケに行ってみたけど、何が楽しいのか全くわからない」と思って参加したくないと感じる人もいるでしょう。

人の歌を聴いている時間が楽しく感じなかったり、曲をかぶせてはいけない暗黙のルールや、注文を一人が電話でしなければいけない煩わしさなども、楽しくない場だと思わせてしまう原因なのでしょう。

参加しても心から楽しめないのであれば、空気を壊してしまう可能性があるため、楽しんでいるようなポーカーフェイスでその場にいるか、最初からお断りすることをおすすめします。

苦手を克服するのは何事も大変。無理しすぎないようにしましょう

克服をしようとして努力しても、それでも克服することができない人もいます。
やはり、緊張したり過去のトラウマが関係していたりと精神的な問題が克服できない理由のひとつです。

どんなに歌に自信が持てても、人前で歌うことを想像しただけで全身が脈打っている感覚に襲われ汗が止まらなくなったりする人もいます。

そのような場合は、しっかりと周囲に事情を伝え、誘ってもらうことはやめましょう。
そのときには、必ず「カラオケ以外は誘ってください」とアピールしておくことが人間関係を壊さず付き合っていくコツですよ。

苦手を克服することは、とても大変です。

漠然と「苦手」という一言でまとめてしまうと、その言葉に隠れた真実が見えなくなってしまいます。

なぜ苦手なのか、何がそうさせるのかをしっかりと理解しておくことで、その一点に焦点を当てて克服することができます。

反対に、苦手だと思っていることを無理に克服しようとし続けると、余計に苦手意識が強くなってしまったり、嫌いになってしまう場合があります。

そうなってしまうと、克服することから遠ざかっていってしまうために注意が必要です。
カラオケはひとつの娯楽なので、参加できなかったら違反ということにはなりません。

自分の気持ちと向き合い、その場を上手に対処できる判断をすることも大切です。